祝!25年ぶりリーグ優勝広島東洋カープ -待ち侘びた歓喜の瞬間-

2016年9月10日は、僕にとって決して忘れられない日となりました。ついに広島東洋カープが25年ぶりの優勝を果たしたからです。歓喜の瞬間は、カープファンの友人と一緒に船橋駅の山内農場の個室のテレビで見届けました。人間って嬉しい時は涙が出るんですね。優勝が決まった瞬間は歓喜の雄叫びをあげましたが、チームに復帰して精神的支柱として本当にチームをまとめてくれた黒田・新井、そして緒方監督の嬉し涙を見てそこからはずっと泣きっ放しでした。東京ドームを真っ赤に染めたカープファンも嬉し涙を流していました。一夜明けても、カープの優勝を報じた記事を見て涙が出るのですから、しばらくは目が腫れぼったくなるでしょうな(笑)。

それにしても本当にカープは去年とは全く違うチームかの如く生まれ変わりました。去年は黒田の復帰でシーズンの話題を独占して、僕も優勝できると本気で信じていました。しかし結果は最終戦の黒星によってまさかの4位。その現実は中々受け入れられなかったですね。もし田中広輔の幻のHRが認められたら…なんて思う事もありましたが、去年のカープはとにかく勝負弱かった。黒田・マエケン・ジョンソン・福井と安定感ある先発陣がいたのに、中継ぎが心許なく、打線もここ一番で打てなかった。エルドレッドが故障で出遅れ、外国人野手も不調。キクマルコンビが絶不調。新井さんがいなかったらどうなっていたのかと今でも思いますね。緒方監督の采配も、納得のいかないものが多かった。全力を尽くさんと負けた試合が多かった。思わず声を荒らげたくなるような試合が多かったですね。緒方監督は現役時代言わずと知れたレジェンドだったけど、名選手名監督に非ずと思いました。

しかし、今年のカープはどうでしょう?今シーズンのような戦いぶりを来年もまたできるとは思えないくらい、物凄く完璧なチームだと思いました。マエケンの穴を埋めたのは、おととし去年と振るわなかった野村。まさか14勝も挙げるなんて思いもしませんでした!中継ぎの安定感も絶大ですね。去年は固定し切れなかった7回と8回のマウンドには、それぞれ今村(ヘーゲンズ)とジャクソンが仁王立ち。そして9回にはヒゲ魔神中崎が君臨ですから、6回終わってリードしたら勝ったな!と思えるくらい安心して試合を見れました。そして、今年のカープ打線はプロ野球史上最高でしょう!何と言っても3割バッターに菊池・新井・そして今年のカープの象徴の「神ってる」鈴木誠也がいるんですから!そして、新井は打点王目指して快走し、誠也は打率リーグ2位ですから、坂本との差はまだあるけど首位打者目指して欲しいですね。とにかく、ランナーが出たらそれだけでボルテージが上がるような打線ですよ。何点リードされていようが関係ありません。極論、初回の先頭打者広輔が塁に出た瞬間、「今日は勝てるで!」と思えるほどでした。強いのはスタメンを張る選手だけではありません。キャッチャー會澤翼にはパンチ力があり、松山は新井の代役で4番に入り、昨日は同点HRも放ちました。新井やエルドレッドといった圧倒的な力を持った選手がスタメンに名を連ねなくても勝つ。そしてそのような選手が1打席で試合を決める。これが今年のカープの特徴です。去年のようにすぐにバントや盗塁しようとしては失敗し、チャンスで打てないという悪循環は全く見られません。これだけ投打がガッチリ噛み合えば、どんな試合でも勝てるという気持ちで試合に臨めると思います。

今年のカープの投打について熱く語りましたが、では、僕はいつ今年のカープの優勝を確信したでしょうか?それは6月14日から始まった11連勝です。凄いのは、この連勝を全て真っ赤に染まったマツダスタジアムで成し遂げた事、そして4試合もサヨナラ勝ちで決めたというところにあります。西武戦での赤松のサヨナラをもたらす好走塁、緒方監督に「神ってる」と言わしめたオリックス戦での誠也の2試合連続サヨナラアーチ&その次の試合での決勝アーチ、あと1アウトで敗北という場面から相手のエラーでサヨナラ勝ちした阪神戦。神ってる試合の連続でしたね。ここで初めて、絶対優勝できるという気持ちになりました。交流戦では他のセリーグのチームが不振の中で、例年は苦手としていた交流戦で勝ち越したのは大きかったですね。流石に8月6日に巨人に4.5ゲーム差に迫られた時だけは僕も落ち着いていられませんでした(黒田がよりにもよって大竹に負けるとは思わなかったので)。でも、その翌日の菊池の同点アーチと新井のサヨナラ打で、今シーズンの運命は決まったようなものでしたね。そして、8月24日のマジック点灯(Gキラー福井が菅野に投げ勝つ)とその翌日にまたしても澤村を9回に滅多打ちしてマジック18にした試合を僕はまさに東京ドームで見ていました。とにかく興奮、絶叫の連続で喉が破壊されましたね(笑)。そこから試合がある日のカープは必ずマジックを減らし続けたのです。願わくばマツダで胴上げ、という気持ちもありましたが、阪神があまりに弱すぎたので(わざと負けたんとちゃうか?)、それは残念でした。でも、東京で胴上げが決まった昨日、遠く離れた地元広島もお祭り騒ぎだったそうです。街中カープのユニフォーム着た人で溢れかえり、ビールかけした人もたくさんいたようです。今年のカープを見たら、野球と縁が無かった人も、巨人や阪神に比べてお金は掛けられなくても、現時点で貯金35という成績を残して優勝したカープを見て、ぜひ野球の面白さに気付いてもらえると嬉しいものです。

僕にとっては、ファンになって5年目にしての嬉しい出来事でした。最後に優勝したのは1991年ですから、僕はまだ生まれていません。だから、25年も待ち侘びたファンに比べたら、僕なんて大した事はありません。ずっと千葉県船橋市に住んでいて、なぜカープファンになったのか?とはよく聞かれますね。それは、2012年にブレイクした堂林のプロ第1号アーチをスポーツニュースで見た事がきっかけでした。その時の相手投手は阪神のメッセンジャー。あのメッセンジャーから、今年1軍に出てきたばかりの堂林が、バックスクリーン右に打球を飛ばすなんて…と衝撃を受け、堂林に注目しているうちにカープファンになりました。その憧れの堂林の現状は悲惨なものですが、同い年で且つ同じ鈴木繋がりで鈴木誠也のブレイクに感激しています!広輔のような社会人出身の即戦力や、菊池のように決して有名ではない大学で実績を残した選手、そして丸や誠也のような高卒。本当に育成が上手なチームだと思います。カープはお金で選手を買い漁るようなチームではありません。だからFAだって参戦しないし、FAで去る者も追わず。でも、黒田と新井はホンマによう戻って来てくれた。この2人がおらんかったら優勝できんかった。昨日緒方監督の次に胴上げされたのはこの2人でした。20億円のオファーを蹴って、カープで優勝するために戻って来た黒田。阪神に移籍し、裏切り者と罵られながらも、カープに戻って来てくれた新井。復帰した時のインパクトは言うまでもなく黒田の方が上で、新井はそこまで注目されていませんでした。でも、裏切られて怒っていたはずのファンやチームは、新井を温かく迎え入れました。それは僕にとっても予想外でした(笑)。その新井が打点王に向かって突き進み、今シーズンのMVPも射程圏内に入っているのですから、ホンマに勝負の世界は分からんもんですわ。

本当はもっとこみ上げてくる熱い思いを文章に書き連ねたい思いですが、これ以上書くとカープがCS・日本シリーズに進出した時に書けるネタが無くなるので、今日はこの辺りにさせてもらいましょう。とにかく重要なのはまずCSを突破すること。これを突破できんようじゃ、今までの快進撃はパーになってしまいますからね。残りの試合もひたすら勝ち続けて、最高のコンディションで短期決戦を迎えてほしいと思っています。そして、1人でも多くのタイトルホルダーが誕生する事を切に願ってやみません。

余談ですが、6度目の優勝を果たした1991年はSMAPが生まれた年。そして、25年ぶり7度目の優勝を果たした今年はSMAPが解散する年。SMAPの歴史はカープの優勝に始まりカープの25年ぶりの優勝と共に終わる。何という奇遇でしょう。カープには、これからも世界で一つだけの赤い花として美しく咲き続けてもらいたいと思います。これからもずっとNo.1を目指し、特別なオンリーワンであり続けてほしいですね。ホンマに優勝おめでとう。そして夢を与えてくれてありがとう。今度は広島の夜空ノムコウで胴上げを見たいものです。その”Moment”まで力強く応援します。

最後に、緒方監督の応援歌を載せてコラムを締めたいと思います。

♪この一打に 闘志燃やして 勝利の地へ 駆け抜けろ

2016年9月11日 鈴木 薫

 

P.S. 実は、昨日中尾とラインした時、「カープ優勝の嬉しい気持ちブログに載せたらエエんちゃう?」と勧めました。そうしたら、「広島には俺より熱い気持ちで応援しとる人がおるから、俺には書けん(笑)」と返ってきました。なので、ファン歴5年の僕ですが、僭越ながらこのどうにもならない嬉しい気持ちをここに表す事に決めました。

 

広告