二重人格、鈴木薫 第3話

<前回までのあらすじ>
鈴木薫の実の正体は高田馬場を本拠地に持つ鈴木組の組長であり、河野ゼミにおいてはクソギャグ製造機、運動音痴、ダサ男などのキャラを駆使して素性がばれるのを防いでいた。ゼミ合宿中の回想において、鈴木薫の狙っている人物が長澤であり、そして彼を救うために時をかける湯浅が現れた。果たして湯浅は長澤を救うことができるのか?

※これは事実を基にしたフィクションである。

 

湯浅「今回の物語が始まる前に俺が時を跳べる能力を説明しようと思う」
湯浅「俺の別名を知ってるだろ?ゆあさかずき、転じて『ユア杯』。この能力はアルコール飲料を飲んで吐くと時間を戻れるという能力だ」
湯浅「アルコール度数がそのまま戻れる時間(分)になる。まー、飲みサーの幹事長やってた俺にとってはなんら苦じゃないけどね」
湯浅「とかいってるけど731回やってたらさすがにマロリーワイス症候群かかったわ」

湯浅「説明は以上だ!」

第3話 「?『俺…未来から来たって言ったら、お前、笑う?』」

 

湯浅「これまでなんども長澤を救おうとしてきた..でも時間は絶対的存在だから」

湯浅「未来は必ず長澤の死に収束し、あいつはいつも違う形で死んでしまった」

maxresdefault

続きを読む

二重人格鈴木薫 第2話

<前回までのあらすじ>
鈴木薫の実の正体は高田馬場を本拠地に持つ鈴木組の組長であり、河野ゼミにおいてはクソギャグ製造機、運動音痴、似非関西弁、ダサ男、デブなどのキャラを駆使して素性がばれるのを防いでいた。そして薫を助けるために潜入中のA級ヒットマン荒井翔央の手も借りつつ、ある男の暗殺を目論んでいるが、なかなか成功しない。今回のゼミ合宿中の回想において、鈴木薫の背景、狙っている人物、そして時をかける人物が現れる..?
※これは事実を基にしたフィクションである。

第2話「時をかける湯浅」

〜セミナーハウス廊下〜
薫「ふぅ..さすがは翔央や。うまく抜け出せたわ」
薫「しかしキャラを塗り重ねるためとはいえさすがにここまで太ると仕事に支障が出るな。ほんまに」
薫「ま、今日でやり残した仕事を終えて本業に戻ろ」

薫「思えば最悪な日々やった,,あんなことさえなければ」

続きを読む

短編集1-二重人格、鈴木薫-

お布団の中からこんにちは!インフルにかかってないけど暇な美濃部です。

中岡さんに刺激されて物語を書くことにしました。みんな楽しんでくれたら続きかきます。
※この物語は、事実を基にしたフィクションである。
『二重人格、鈴木薫』

〜ある日のゼミ〜

ざわざわ
薫「じゃかあしぃわ!誰がでぶじゃ!」
薫「ほんまりくおにだけは言われたないわ」
薫「これだけ体張ってギャラもらえんのはおかしいと思うんや」
薫「ゲイとレズに人権はない」

 

ゼミ生1「いやー今日も相変わらず薫ってるな〜」
ゼミ生2「ほんと薫ちゃんかわいい」
ゼミ生3(14期)「生理的に無理」
ゼミ生4「生理的に無理 わ  ろ  た
ゼミ生1「でもあいつ家ではどんな感じなんだろうな?これ貫いてんのかな?」
ゼミ生2「そうじゃね?しらんけど」
ゼミ生4「た  し  か  に

 

薫「…」

続きを読む

お試しあれ!アメリカ流インフル治療

お布団の中からこんにちは、河野ゼミ13期の中岡です。学生コラムでは初めましてですね。

現在ゼミ内で大流行しているインフルエンザですが、私もさっそく流行りに乗っかっちゃいました☆

というわけで、今日はそんなインフルエンザにまつわる話をしたいと思います!
題しまして、「お試しあれ!アメリカ流インフル治療」~!\( ‘▽’)/

私が18年間のアメリカ生活を通して教わってきた、インフルや高熱があるときに効果的(?)な治療法をいくつかご紹介したいと思います:


1.シャワーを浴びる/ぬるま湯につかる

日本では、「熱があるときは風呂に入るな」って言われますよね?
湯冷めしたら熱が悪化してしまうからそう言われているのだと思いますが、アメリカではそもそも熱湯につかるという習慣がないため、風邪だろうかなんだろうがシャワーに入ったり、ぬるいお風呂につかったりします。体を清潔に保って、菌をやっつけるためらしいですよ!でも、油断せずにシャワー後のドライヤーは迅速にかけましょう‼

2.チキンヌードルスープを食べる
アメリカで体調が悪い時の食べ物といえば、間違いなくこれです。
鶏肉とマカロニ的なパスタとにんじんなどが入った、とろみのあるスープです。Campbell’s の缶詰で売ってます。
友人に「えっ、風邪の時も肉食べるの!?消化に悪くない?」と驚かれましたが、確かに言われてみればそうかもですね…全然気にせず食べてました…(^^;)
そういえば小学校の先生も、「熱が出たときはターキーサンドイッチを食べるといい」と勧めていました。体調が悪くてもとりあえず肉を食うのがアメリカンウェイです。

3.ジンジャーエールを飲む
ジンジャーエールに限らず、コーラとかスプライトを飲む人もいます。「炭酸がおなかの調子を整えるから~」とかもっともらしい事言ってますが、ただコーラが飲みたいというのが本音でしょう。
ちなみに、ジンジャーエールは食あたりや乗り物酔いなどにも効くと言われています。アメリカ人がジンジャーエールに寄せる信頼は絶大です。

4.アイスクリームを食べる
体を冷やしてしまうし逆効果なのでは…と思うかもしれませんが、熱があるときは体温を下げてくれますし、卵と砂糖と牛乳が入っているのでエネルギーになります(同じ理由でプリンもおすすめです)。できるだけシンプルな、バニラとかストロベリー味がおすすめです。あとは普通にフルーツ果汁入りの棒アイスなども良いらしいです。

5.濡れた靴下をはく
コットン製の濡れた靴下を履き、その上からウールの乾いた靴下を履いて寝ると体温調整が上手くいくんだとか…これは私も試したことないです(^^;) 足元が気持ち悪くて寝にくそうですね…一体誰がこんな方法を思いついたんでしょう。日本ではネギを首に巻くとかよく言いますが、民間療法ってどこの国でも変わってますね。

いかがでしたでしょうか?どれか試してみたくなるものはありましたか??(‘▽’)

ちなみに私はアイス療法を実践するため体力削ってアイスを買って帰ったのですが、二人暮らししている妹に食べられていました…せっかく楽しみにしてたのにっ…!食べ物の恨みは大きいぞ…アイスとプリンを買ってきてもらうまで許さない(´・ω・`)

それでは、みなさんどうかお大事になさってください。
早く治りますように°˖✧(˘ω˘)✧˖°