二重人格、鈴木薫 第3話

<前回までのあらすじ>
鈴木薫の実の正体は高田馬場を本拠地に持つ鈴木組の組長であり、河野ゼミにおいてはクソギャグ製造機、運動音痴、ダサ男などのキャラを駆使して素性がばれるのを防いでいた。ゼミ合宿中の回想において、鈴木薫の狙っている人物が長澤であり、そして彼を救うために時をかける湯浅が現れた。果たして湯浅は長澤を救うことができるのか?

※これは事実を基にしたフィクションである。

 

湯浅「今回の物語が始まる前に俺が時を跳べる能力を説明しようと思う」
湯浅「俺の別名を知ってるだろ?ゆあさかずき、転じて『ユア杯』。この能力はアルコール飲料を飲んで吐くと時間を戻れるという能力だ」
湯浅「アルコール度数がそのまま戻れる時間(分)になる。まー、飲みサーの幹事長やってた俺にとってはなんら苦じゃないけどね」
湯浅「とかいってるけど731回やってたらさすがにマロリーワイス症候群かかったわ」

湯浅「説明は以上だ!」

第3話 「?『俺…未来から来たって言ったら、お前、笑う?』」

 

湯浅「これまでなんども長澤を救おうとしてきた..でも時間は絶対的存在だから」

湯浅「未来は必ず長澤の死に収束し、あいつはいつも違う形で死んでしまった」

maxresdefault

〜1回目〜
薫「まんまと一人で寝てるわ。ほなな」シュパ
長澤「寝首かかれるとはまさにこのことわ ろ た」バタッ
〜2回目〜
薫「バンバンバン(銃を乱射)」
長澤「うわ日本にピストルとか銃刀法違反わ ろ た」バタッ
〜3回目〜
ゼミ生「りくお、飲んで♩三女のお願い♩」
長澤「急性アル中で死ぬとかバカ大学生わ ろ た」バタッ
〜4回目〜
長澤「夜道で車にひかれるとかわ ろ た 」バタッ
〜5回目〜
長澤「わ ろ え な い(憤死)」バタッ
〜6回目〜
長澤「寝首かかれるとはまさにこのことわ ろ た」バタッ
〜391回目〜
長澤「寝首かかれるとはまさにこのことわ ろ た」バタッ
湯浅「死に際規則的にループしててわろた」

 

……………………
〜732回目〜
長澤「うわ日本にピストルとか銃刀法違反わ ろ た」バタッ
薫「ようやく殺したわ。俺に殺されたんじゃけえ、お前は自信もちんさい!さあ、あとはこいつを山奥に捨てて..」
たったったっ
薫「!?誰かに見られた!?だれや!!!」バッ
たったったっ
薫「あかん、まずいことになった」
薫「とりあえずこいつの死体処理をわけえれんちゅうに任せて..」
薫「翔央にも連絡や」ピポパポ
薫「おお、翔央か、まずいことになったわ、見られてもうて..」
ガサガサガサ

 

湯浅「はぁはぁはぁ..また殺されてしまった..」
湯浅「もうこれで732回目なのに..何度過去に返ってきてもりくおが殺されてしまう..!一体俺はいつになれば長澤を救えるんだ!!(まあ3回に1回は◯◯ってただけなんだけど)」
湯浅「ゴックン。ふーっふーっ..!はぁ..酒もそろそろきちいな。ちくしょおおおおええええとべよおおおお」ギュオーーン

 

〜時空の狭間〜
湯浅「誰がキャラ的にも体型的にもどらえもんじゃ」
湯浅「やべえ謎のツッコミをしてしまった..疲れているな俺」
湯浅「そして過去に帰る時はいつもあの場所に..」

 

〜ゼミトーク中〜
美濃部「よし、じゃあ次は湯浅の番!1年前の自分に一言おねがいしまーす」
未来を見た湯浅「おいかずき..お前何してんだよ!もっとがんばれよ!おまえならもっとできるんじゃねえのかよ!!」
未来から帰ってきた湯浅「これは・・・!まさか俺に向けて言っているのか・・?タイムスリップをしすぎて時空と胃が歪み始めてる」

 

ゼミ生「湯浅めっちゃ気持ちこもってたね〜」
ゼミ生「なんかでも顔死にそうじゃなかった?まるで何回も何回も人の死に際を見てきたような顔してたよ」
長澤「た し か に」
長澤「湯 浅 。 お 前 大 丈 夫 か?」
湯浅「りくお,,どうしたらお前を救えるんだ..うぅ..」
長澤「え - - - ?湯 浅 ど う し た ? 汗 」
坂田「…」
♩挿入歌『湯浅ノムコウ』
  あれから僕湯浅 何かを信じて来れたかな
  夜空の向こうには りくおがもう待っている
  (Wow—-  Wow—-)
  薫の声に気付き 湯浅は身をひそめた
  セミナーのハウス越しに 銃声が響いた
  りくお何か伝えようと 握り返したその手は
  僕の心のやらかい場所を 今でもまだ締め付ける
  あの頃の未来に僕らは立っているのかな
  窓をそっとあけてみる冬の風の匂いがした
  このままどこまでも時間戻っていくのかな
  イカ臭い空気が マドの中に篭っている

 

〜999回目〜
長澤「じゃ、おれ散歩いってくるわ〜」
長澤「この時間の散歩楽しすぎわ ろ た」
湯浅「だめだ、、いかないでくれ、、もう胃の限界が来てタイムスリップできない」
長澤「じ ゃ あ な」
湯浅「だめだー!!とまれとまれとまれとまれーとまれぇえええええええええ!!!!泣泣」
ピシッ
湯浅「あれ?時間が..?」
?(坂田)「俺…未来から来たって言ったら、お前、笑う?」
湯浅「へ..え..そうなの..?」
..to be continued
坂田の突然のカミングアウトに驚きを隠せない湯浅。薫、翔央、長澤、湯浅、坂田のアクターが絡み合い、物語は思わぬ方向に展開していく。そして男薫をはめた人物も明らかに。各アクターの運命は?
次号、ついに合宿編堂々完結。
次回予告
「長澤、魔界帰るってよ」
広告

二重人格、鈴木薫 第3話」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中