【連載終了のお知らせと謝罪】

一年に渡り、無駄なアイデアを放出してきた私のコラム投稿も、ここらで終わりにしたいと思います。短い間でしたが、どれだけの読者がいて、どれだけの人が笑ってくれたのでしょうか。投稿する度に、反応がもらえると小喜びし、既読だけが重なっていくと首を絞められている感覚に陥る。そんな一喜一憂からも解放されるなと思うと清々しい気持ちです。嘘です、さみしいです。

本来ならばこの学生コラムというページは、学生が学生なりに考えた政治的事象についての意見などを投稿する場であったでしょう。別にゼミ内での出来事についてほんわかと書くのでも良かったかもしれません。

しかし私はというと、薫がマフィアをやったり坂田が時をかけたり、あげくのはてにSFチックに自分の偏食っぷりを語るといった滅茶苦茶なことをやっていました。流行り物50%、薫25%りくお20%、その他5%、政治0%で構成されていました。

とにかく思いつくがままにあらゆるクソアイデアを撒き散らし、然るべき投稿がされるべきゼミのコラムを私物化していたことをここで謝罪いたします。あらしょーさんが書いてくれた旅行記とかもありましたが、僕がどんどん更新していったおかげで下の方に行ってしまったかもしれません。あ、僕は全部見ましたよ、面白かったです!

今から考えると、就活、卒論、内定者課題などなど何かに追い詰められている時はいつも、ここに逃げ込んでいました。つまりこのコラムがなければやっていけなかったと思います。人生詰んでいたと思います。酔ってタクシーの中でプリプリしたと思います。それほど僕にとって奇妙なゼミ生について書いたり、奇妙な自分を紹介することにやりがいを感じていたということです。

そしてこれだけ自由にやって何一つ陰口悪口を聞かないのは、本当に君たちがいい人か本当に情報統制が取れているかどちらかでしょうね。前者であることを切に願います。

ゼミ生を作品に登場させられなくなるのは寂しいですが、もうそろそろ私もいかなくてはなりません。いつまでもMacbookairに真顔で向き合ってたまにニヤっとか一人でやってたらダメなのです。

と、いうことで新しくブログを始めるので、もしよろしければフォローしてくだされ。当分は新社会人として感じたことを中心に書いていく(予定)ので、僕の隠れファンはもちろん、就活中の14期、新社会人の13期も楽しんでもらえると思います。http://ryomino941.blog.fc2.com

今までありがとう!では!

広告

追いコンで没にしたネタ-関白宣言/こうのまさる-

どうも、13期にハブられ憤慨している美濃部です。アメリカは朝です。
こちらも時間の都合上カットしたネタです。本当は河野先生の格好をしてギターを弾いて歌い上げる予定だったんですが・・ここで文字として日の目を浴びさせておきますね。それでは二本立てでお聞きください。さだまさしの関白宣言と、おまけでポルノグラフィティのミュージック・アワーのもじりです。どうぞ。

続きを読む

追いコンで没にしたネタ-コント恋愛野球-

どうもー、アメリカにいっても毎日お腹壊してる美濃部です!
今日は追いコンで披露しようとしたけど時間の都合上カットしたコントを文字でみなさんに伝えようと思います。原因は薫がイギリスに行っててネタ合わせができなかったからです。

ということで前置き無しに見てもらおうと思います、どうぞ。
続きを読む

邦楽翻訳シリーズ

どうも、暇な美濃部です。
今日は、外国人に日本語の曲を披露する際に最適な歌詞を考えて来ました。これでネイティブにも通じること間違いなし!今回は名曲中の名曲、日本を代表する曲とも言えるこの曲を用意してみました。みなさんも日本語版の歌詞と比べて見てください。綺麗に対応してることがわかると思いますよ!それでは真ん中にあるEnglish ver.、是非声に出して歌って見てください、どうぞ!

続きを読む

河野ゼミ新語・流行語大賞2016

この賞は、河野ゼミの1年間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広くゼミ生の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。2016年に創始。毎年12月下旬に発表。『アクセス日本政治論』読者アンケートを参考にせず、選考委員長によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。選考委員会は、美濃部涼(東京帝国大学名誉教授だった美濃部達吉の遠縁の人)、で構成される。

続きを読む

二重人格、鈴木薫 第3話

<前回までのあらすじ>
鈴木薫の実の正体は高田馬場を本拠地に持つ鈴木組の組長であり、河野ゼミにおいてはクソギャグ製造機、運動音痴、ダサ男などのキャラを駆使して素性がばれるのを防いでいた。ゼミ合宿中の回想において、鈴木薫の狙っている人物が長澤であり、そして彼を救うために時をかける湯浅が現れた。果たして湯浅は長澤を救うことができるのか?

※これは事実を基にしたフィクションである。

 

湯浅「今回の物語が始まる前に俺が時を跳べる能力を説明しようと思う」
湯浅「俺の別名を知ってるだろ?ゆあさかずき、転じて『ユア杯』。この能力はアルコール飲料を飲んで吐くと時間を戻れるという能力だ」
湯浅「アルコール度数がそのまま戻れる時間(分)になる。まー、飲みサーの幹事長やってた俺にとってはなんら苦じゃないけどね」
湯浅「とかいってるけど731回やってたらさすがにマロリーワイス症候群かかったわ」

湯浅「説明は以上だ!」

第3話 「?『俺…未来から来たって言ったら、お前、笑う?』」

 

湯浅「これまでなんども長澤を救おうとしてきた..でも時間は絶対的存在だから」

湯浅「未来は必ず長澤の死に収束し、あいつはいつも違う形で死んでしまった」

maxresdefault

続きを読む

二重人格鈴木薫 第2話

<前回までのあらすじ>
鈴木薫の実の正体は高田馬場を本拠地に持つ鈴木組の組長であり、河野ゼミにおいてはクソギャグ製造機、運動音痴、似非関西弁、ダサ男、デブなどのキャラを駆使して素性がばれるのを防いでいた。そして薫を助けるために潜入中のA級ヒットマン荒井翔央の手も借りつつ、ある男の暗殺を目論んでいるが、なかなか成功しない。今回のゼミ合宿中の回想において、鈴木薫の背景、狙っている人物、そして時をかける人物が現れる..?
※これは事実を基にしたフィクションである。

第2話「時をかける湯浅」

〜セミナーハウス廊下〜
薫「ふぅ..さすがは翔央や。うまく抜け出せたわ」
薫「しかしキャラを塗り重ねるためとはいえさすがにここまで太ると仕事に支障が出るな。ほんまに」
薫「ま、今日でやり残した仕事を終えて本業に戻ろ」

薫「思えば最悪な日々やった,,あんなことさえなければ」

続きを読む

短編集1-二重人格、鈴木薫-

お布団の中からこんにちは!インフルにかかってないけど暇な美濃部です。

中岡さんに刺激されて物語を書くことにしました。みんな楽しんでくれたら続きかきます。
※この物語は、事実を基にしたフィクションである。
『二重人格、鈴木薫』

〜ある日のゼミ〜

ざわざわ
薫「じゃかあしぃわ!誰がでぶじゃ!」
薫「ほんまりくおにだけは言われたないわ」
薫「これだけ体張ってギャラもらえんのはおかしいと思うんや」
薫「ゲイとレズに人権はない」

 

ゼミ生1「いやー今日も相変わらず薫ってるな〜」
ゼミ生2「ほんと薫ちゃんかわいい」
ゼミ生3(14期)「生理的に無理」
ゼミ生4「生理的に無理 わ  ろ  た
ゼミ生1「でもあいつ家ではどんな感じなんだろうな?これ貫いてんのかな?」
ゼミ生2「そうじゃね?しらんけど」
ゼミ生4「た  し  か  に

 

薫「…」

続きを読む