カープ主義-生涯鯉党宣言。絶対カープがNo.1!

「ゼミ生の気まぐれコラム」をご覧の皆様、こんにちは。

ブログ編集担当です。

今春ご卒業された13期の先輩よりお預かりしていた原稿をアップし忘れておりました。

就職活動の短期決戦化に伴い、説明会及び選考への参加に追われていたことが原因です。

先輩、並びに、更新を楽しみにしてくださっていた読者の方々、誠に申し訳ございませんでした。

先輩の溢れんばかりのカープ愛がひしひしと伝わってくる力作となっておりますので、ぜひご一読ください。 続きを読む

広告

最終章 さようなら沖縄、また来ます。

やだやだやだやだ帰りたくない!!!

だってまだ美ら海水族館も首里城もひめゆりの塔も行ってないし、海ぶどうもマンゴーもゴーヤも食べてないんだよ!!?帰れるわけないじゃん???

しかし飛行機の時間は刻々と近づいていた。……ついでに期末試験の日程も再来週に迫っていた。

早川と黒田は空港で、直前に来られなくなった向井のためにお土産を選んでいた。

「これがいいんじゃない?」 続きを読む

第五章 MAD MAYUX~髙川・黒田 怒りの古宇利大橋~

「いっっってえええええ!!!!!」

肌を焼きすぎた菊地、早川の悲痛な叫びが目覚ましがわりに響く朝。我々の旅の最終日である。

昼の便で帰る神谷を送る組と、掃除片付けをしてコテージのチェックアウトをする組とに分かれた。結局、例のコンロを掃除したのは菊地だった。あれはトングで遠くへ飛ばしてくれた。

チェックアウトを済ませ、我々六人は合流。二台のレンタカーで古宇利大橋へと向かった。 続きを読む

第四章 夏の世の夢(後編)~飛んで火に入る夏の虫事件~

※※※ 残酷描写と虫が苦手な方は読まないでください ※※※

BBQが終わった後。

我々はBBQの火を利用して花火を始めた。花火は前日にドンキで適当に購入したもので、およそ百数十本ある。

最初のうちは各々好きなように火をつけて遊んでいたが、我々は小学生ではない。すぐに飽きてしまった。

そこで、 続きを読む

ゼミ生によるウズベキスタン旅行記3(警官も?)

海外旅行の定番といえば、

そう、ぼったくり被害。

街中歩いているとすぐに声かけて、

絶対安いだろってものを高い値段で請求してくる。

ご経験あるかと思います。

今回ウズベキスタンでは、ぼったくりではないのですがチケット料金でびっくりしたことがありました。

場所はサマルカンド中心部。

ウルグベクマドラサがある町一番の観光地。

その建物は歴史的なものだし、めっちゃ外観がきれいで、これぞイスラーム建築って感じなのですが、

チケットがよくわからんのですよね笑

なぜならチケットを売ってくる人がスーパー怪しいんです。

その敷地内の入り方がわからないゼミ生は横の入り口でうろうろ。若くてかっこよさげな警官が見ていたのでびびっていたのですが、あるおっさんが近寄って入って~といれてくれる。そしたらそのおっさんの一言。

「俺がチケット安くしてやるよ」

いやぁ、さいこーに危ないですね。

なので、交渉上手なゼミ生は、

「まずチケット持ってこい」

とはねのけます。

そんでまってたら、そのおっさん戻ってこないんですね。

(あぶねぇ、もう少しでぼられるとこだった)

そう思った矢先に、おっちゃん警官(さっきとは別の人)が大声で声かけて来る。

「おまえらどっから来たんだ~」

「にほーん」

って答えると、「そうかぁ」と答えながら、

「ここではチケットが必要で、◯◯ソムするんだけど、俺が安くしてやるよ。なんなら全部見てきてから払ってもよい。」

ん?

ん??

ん????

警官、、、(T-T)

ちょっとショッキングですよね、ほんとにこういうのあるんだーって。

こいつも怪しそうだから早く逃げたい&見学のお墨付きはもらった!ということで、

「それじゃあ全部見てからお金払うね!」

っていって、見学スタート。

いやぁ立派な建物、広大な敷地、警官うろうろ。

さーて、帰るぞー
あれ、やはりあのときの警官見当たらん。。。

やっぱりあやしいやつだったのかぁ。

てかチケットならもっとしっかりお金とれよ。うん。

とはいいつつ、お金いいのかなぁー

けどたしかに地元っぽい人はふつーに出入りしてそうだしなぁ。たぶんいいんだろうなぁ。

うーん、お腹すいたなぁー、もうお昼だしなぁー

あそこ出口っぽい。

かえろー

。。

。。。

おかげさまでランチが弾みました。